2013年9月6日

いまを楽しむ。ずっと愛せる。

さて、これはなんのキャッチコピーでしょうか?

うーん、なかなかピンと来ませんね(笑)
正解はパナソニックの電動アシスト自転車「ララファイブ」のコンセプトでしたー。

お洋服も、インテリアも、家電も、いいものを長く愛用する。
そんなライフスタイルで生きる女性はとてもステキです。
「LALA5」は、おしゃれに乗りたい通学・通勤シーンから、
ママになってからのお買い物や子供の送り迎え、
そしてママを卒業するまで。
デザインや走りやすさはもちろん、幅広い乗り方に対応。
変わりゆく5つのライフステージに合わせて
ぴったりフィットする乗り心地だから、
きっと長く愛せる一台になるはず。
いまというときを、めいっぱい楽しんで、
人生をずっとイキイキ輝いていたい女性へお届けしたい。
これからの電動アシスト自転車の新しいカタチ、
「LALA5」デビュー。

メーカーサイト
http://cycle.panasonic.jp/products/electric/lala5/

意外でしたでしょうか?
こういう説明をまじまじ読んでみると、メーカーさんの企画担当っていろんなことを考えてるんだなぁと、あらためて思いますね。
うんうん、女性には5つのライフステージがあるということですね、なるほど(笑)

そんなところに名前の由来のある「LALA5」を今回はご紹介します。


現在バイクルハウスナカシマで展示中のララ5ミニです。
鮮やかなピンクは大好きな人が多いんではないでしょうか?

ご要望の多い専用チャイルドシートを装着した状態にしてありますので、気になった方はぜひ店頭にて現物をご覧下さい!

「あれ、5つのステージなのに、いきなり4つ目の“ママ”ステージからスタート!?」
というツッコミが入りそうですが、もちろん取り外すこともできますのでご安心ください。

この自転車、細かいところまでコダワリが感じられますので、その細部に迫ってみたいと思います。


まずは一番目立つチェーンケースです。
普通の電動アシスト自転車はどのカラーでも黒のチェーンケースを共通で使いまわししていることが多いんですが、このララ5は車体のカラーと同じ色にわざわざ塗装しているんですね。
これはなぜかと聞いてみたところ、メーカーさんよりこんな回答が返って来ました。

20~30代の女性へのアンケートで、電動アシスト自転車の嫌な部分は?という質問に対して・・・
「電動アシスト自転車に見えるところ」
という回答が多くあったそうです。

意外でしたねぇ、そう来ましたか・・・と言った感じです(笑)

けど言われてみたら、確かにそうかもしれませんね。
せっかく可愛らしい自転車なのに、メカメカしい雰囲気は違和感がありますもんね。
ということで、限りなく車体カラーを全体的に目立たせるようにしたのだとか。
良く見たらドロヨケも車体とカラーを統一させてあります。

他にもいろいろ工夫があるみたいで。

車輪にはハート型のアクセサリーが。

サドルにもハートのワンポイント


さらに機能面でもいろいろあります。


これは後ろ側の下からのアングルですが、サークル錠が見えます。
本来はこの位置じゃないんですが、チャイルドシートと付けると手が入らなくて施錠しにくいという理由で移設してあります。

スイッチは液晶バッテリー残量表示で見やすいですよ。

簡単に見ただけでもこれだけあるんです。
ちなみにララ5ミニは小径の20インチというサイズ。
車輪が小さいとどうなるの?ということですが、全体的に重心が低くなるので安定するのはもちろん、チャイルドシートへのお子様の乗せ降ろしも位置が低いから簡単になるというメリットがあります。


オプションパーツも充実してますので、こんな使い方をしてみたいんだけど?
というご相談がございましたら、ぜひ店頭まで足を運んでみてください!

ちなみに、ピンクはちょっと派手かな?と思われる男性に方。
今は男性にピンクってけっこう流行っているんですよ!

こんな感じでいかがでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

QLOOKアクセス解析